富山県魚津市の名産品

富山県魚津市の名産品について

富山県魚津市の名産品とは

富山県の東部に位置する富山県魚津市は日本海に面した産業都市です。特に富山湾に面している地域では国の特別天然記念物である魚津埋没林が有名です。ちなみに、市名である「魚津」は北陸街道の宿場町が栄えていたことから「大道」が徐々に変化し、魚の産地であることから「魚津」となったという一説があり、同市のゆるキャラ「ミラたん」も海からきた不思議な生き物という設定です。富山県魚津市の日本海沿岸では漁業も盛んで、ホタルイカをはじめ魚津寒ハギやブリ、白エビにベニズワイガニと様々な魚介類に恵まれています。また、魚介類を加工したもので「かまぼこ」イカの墨をまぜて黒く作った塩辛である「黒作り」も名産品として挙げられます。一方、富山県魚津市は蜃気楼の見える街として知られており、同市のキャッチコピーは「蜃気楼の見える街 魚津」となっています。前述のゆるキャラ「ミラたん」の特技も蜃気楼の発生を予想することです。名産品である「魚津漆器」は朱色と黒色2種類のうるしで海面に浮かぶ蜃気楼をイメージして作られたもので「蜃気楼塗」とも呼ばれています。ブナ材など日常で使用しても問題ない耐久性も持つもので古くから多くの方に愛用されています。

↑PAGE TOP